【10選】仕事の休憩時間に何をするのがベストなのか考えてみた!

毎日の仕事を頑張ると、休憩時間の大切さが身に染みて分かりますよね。

ただ、あなたはその貴重な時間を、考えて活用できていますか?

せっかくなら、休憩時間をあなたのために有効に活用しましょう。

「そうは言っても、具体的に何するの?」と思われるかもしれませんが、やるべきことは非常にシンプルなことです。

今回は、仕事の休憩時間の過ごし方を10個厳選してご紹介します!

過ごし方1:体を動かす

まず初めに挙げられる過ごし方の一つは、運動することです。

「せっかくの休憩時間で、運動なんてしたら余計に疲れるのでは?」と思いませんでしたか。

 

大丈夫です。

とりわけ激しくて猛烈な運動をする必要はありません。

 

勤務中のこわばった体をほぐすような、軽い運動やストレッチから始めてみましょう。

長時間椅子に座っていると、体の血流の巡りが悪くなり、あなたの健康に悪影響を及ぼしてしまいます。

時には、座っている姿勢を変える必要があるのです。

 

まずは、体を伸ばしてストレッチするのもいいですし、会社の近くを散歩してみるのも良いでしょう。

仕事とは別のことをすることで、脳がリフレッシュされ、体中の筋肉もほぐれるでしょう。

たった5分だけでもいいので、試してみてください。

非常にびっくりするくらいの効果を、実感できるはずです。

 

過ごし方2:日光を浴びる

意外と見落としがちなのが、日光を浴びることです。

人間は日光を浴びることによって、ビタミンDが活性化され、セロトニンが分泌されます。

これらが不足すると、生活習慣病のリスクが高まったり、ストレスを感じやすくなります。

 

日の光を浴びることは、どのような仕事をしている人間でも、欠かすことが出来ない要素の一つです。

人によっては、仕事の合間は部屋にこもりがちで、カーテンも閉めているのが、当たり前になっているのではないでしょうか。

その状態を続けるのは、あなたの健康にとって危険と言わざるを得ません。

 

ストレスを抱えているのならなおさら、太陽の下に出て、ビタミンDとセロトニンを活性化させ、心と体のリフレッシュを図りましょう。

太陽の光を浴びれば、塞ぎ込みがちな日々でも、少しずつ気持ちも前向きになるはずです。

 

過ごし方3:昼寝する

忙しい日々でつい、睡眠を怠っているのなら、昼寝は絶大な効果を発揮します。

特に短期間の昼寝は、あなたの脳をリフレッシュさせてくれます。

昼寝によって、あなたの疲れを解消し、日中の眠気を振り払いましょう。

 

普段の休憩時間が1時間ならば、昼寝をする時間は確実に確保できるはずです。

「いつもの仕事になかなか集中できない」という人ほど、ここは焦らずに、昼寝で脳を休ませるのが良いでしょう。

 

昼寝をする時間は、人によって変わってきますが、15~20分が適切な睡眠時間と言われています。

眠気を堪えながら仕事をするよりも、一度寝る時間を設けることで、目が冴えてくるはずです。

休憩時間中に体を休めることで、次の仕事に集中できるようにしましょう。

 

過ごし方4:音楽を聴く

あなたが好きな音楽を聴くことも、リラックスする方法の一つです。

仕事に追われていると、音楽に触れる機会は少なくなる一方です。

ここで一度、「自分はどんな音楽が好きだったかな」と振り返ってみましょう。

 

音による刺激で、普段使わない部分の脳が活性化させ、気分転換をしましょう。

通勤や業務に追われて、音楽を楽しむ機会が減っていないでしょうか。

普段のあなたの耳に入る音が、電車内の雑音や上司からの指示ばかりでは、モチベーションが上がりませんよね?

休憩時間を使って、あなたが好きな曲や、疲れを癒すためにリラックスするような音楽を聴いてみましょう。

あまり長くは堪能できませんが、わずかな時間でも、あなたのお気に入りの曲を聴くことが出来れば、気分が高揚してくるはずです。

お気に入りのジャンルや、あなたの体調に合った曲を聴いて、活力を取り戻しましょう。

 

過ごし方5:好きなお菓子を食べる

疲労した脳を回復させるために、好きなお菓子を食べてみてください。

集中して物事を進めると、その分あなたの中にあるエネルギーを消費していますから、休憩時間はそのエネルギーを補充する絶好のチャンスと言えます。

体に良いものももちろんですが、あなたが食べたいと考えていたものを食べて、あなた自身を労わりましょう。

体のエネルギー源である、たんぱく質を摂取するとより効果的です。

 

もちろん、食べ過ぎにはご注意ください。

とは言っても、休憩時間まで食事制限をして、自分自身に負担をかけていては、心も体も全く休まりません。

「今日の私はよく頑張っている!」と褒めて、「好きなお菓子を食べる」というご褒美を、あなた自身に与えてあげましょう。

疲労回復する食べ物を摂取するだけでなく、あなたにとってご褒美になるような、お菓子も取り入れてみましょう。

 

過ごし方6:雑談する

業務時間とは切り替えて、休憩時間は誰かとおしゃべりしてみましょう。

「休憩時間も人と話すのは疲れるかも」という人は、無理にとは言いませんが、普段の雑談相手がいるだけで、仕事の悩みを相談しやすくなります。

人と話すのを避けずに、時にはあなたから声をかけてみましょう。

雑談ですから、何も難しいことを考える必要はありません。

雑談する時間だけは、仕事のことは忘れて、楽しく談笑してみてください。

 

仕事で集中していると、どうしても表情が硬くなってしまいます。

仕事で固くなった表情を、雑談によって、自然な表情に戻してあげましょう。

楽しく話が出来れば、それをモチベーションに仕事を頑張ることが出来るはずです。

自然体のあなたで、誰かと楽しく話すことは、あなたの心と表情を穏やかにさせてくれるはずです。

 

過ごし方7:読書する

休憩時間をゆっくりとした時間にするのであれば、読書をおすすめします。

家の中に、読もうと思ったまま積んである本はありませんか?

この機会に、引っ張り出してきて休憩時間中に読んでみましょう。

短い時間の中でも、集中して読むことで、普段の仕事の忙しさから、あなたを解き放ってくれます。

 

読む本は何でもいいです。

資格を取るための本でもいいですし、耳で聞く”オーディオブック”でも構いません。

とにかく、その本の世界に没頭しましょう。

あなたの仕事とは、違う世界を堪能することで、脳が切り替わってリフレッシュするはずです。

 

また、こつこつ毎日読んでいけば、「休憩時間を使って、こんなに読むことが出来た」と達成感を味わうことも出来るでしょう。

日常では味わうことが出来ない体験を、本の世界に没頭することで、頭のリフレッシュが出来るでしょう。

 

過ごし方8:顔を洗う

あまりやらない人もいるかもしれませんが、顔を洗うことで、さっぱりした気分を味わうことができます。

女性であれば化粧をしているので、なかなか顔を洗う機会はないかもしれませんが、その場合は顔周りの汗を拭きとったり、熱ければ首元を冷やすというのも良いでしょう。

物理的な刺激を受けることで、目も冴えてきます。

 

特に日中に眠気に襲われてしまう人は、顔を洗うのは是非試してほしい方法です。

冷たい水で顔を洗ったり、顔にミストを吹きかけてみたり、首から上に感じる不快感を、きれいさっぱり洗い流しましょう。

顔に冷たい水が触れるだけでも、体感温度を下げて視界が開けたように感じられます。

ただ顔を洗うだけでも、気分までさっぱりするので、休憩後の仕事もまっさらな気持ちで取り組むことが出来るでしょう。

 

過ごし方9:副業をする

休憩時間をより有意義にしたいのであれば、副業をしてみるのが良いでしょう。

ビジネスを学んでいくのに必要な経験を、休憩時間を使って補いましょう。

大きなことから始める必要はなく、始めはこつこつと小さいことから進めていきましょう。

 

休憩時間中にできる副業で、普段の仕事だけでは得ることが出来ない、経験を獲得しましょう。

今の仕事を活かせるような副業もありますし、クラウドソーシングで簡単な作業から副業を始めることもできます。

 

副業も仕事ですので、新しいことを経験すれば、分からないこともあって大変だと感じる時もあると思います。

それでも、普段の仕事では経験できないことを、副業で学べるのは、本当に貴重です。

面倒に感じたり、何をすればよいか分からないままにするのではなく、些細なことでも副業として始めてみましょう。

今までの仕事では体験できなかったことを、副業で吸収して、あなたのスキルを上げていきましょう。

 

過ごし方10:瞑想する

最後に、なかなか経験したことがない人が多い、瞑想をおすすめします。

「瞑想っていうから、じっくり時間をかける必要がありそう」と考える人もいると思います。

しかし、心配はいりません。

休憩時間の短い時間でも、瞑想はできます。

心を落ち着かせる方法として、瞑想を習得すれば、あなたはいつでも冷静になることが出来ます。

 

仕事で色々なことを考えると、脳を酷使して、疲労感をどっと感じることがあると思います。

そんな時に、是非瞑想をしてみてください。

目を閉じてゆっくりと呼吸します。

1分でも2分でもいいですが、その状態を保つことを集中すると、余計なことを考えない状態になります。

瞑想ですることは、たったこれだけです。

ただ目を閉じて深呼吸をするだけですが、驚くほどに肩の力が抜け、頭の中がスッキリする感覚を覚えるでしょう。

簡単な方法で、高いリラックス効果を得られる瞑想によって、短い休憩時間をあなたにとっての、オアシスな時間に換えましょう。

 

まとめ

今回は「仕事の休憩時間はこの10個の過ごし方」をご紹介しました。

  • 体を動かす
  • 日光を浴びる
  • 昼寝する
  • 音楽を聴く
  • 好きなお菓子を食べる
  • 雑談する
  • 読書する
  • 顔を洗う
  • 副業をする
  • 瞑想する

 

以上が、10個の過ごし方になります。

せっかく休憩時間が設けられているわけですから、この時間を有効活用しましょう。

この時間で気持ちをリフレッシュさせ、この後の仕事を乗り越えていきましょう!

休憩時間も仕事中のように、緊張している必要はありません。
滅多なことがない限り、あなたの休憩中の行動を、咎めたりはしません。

あなたなりの休憩時間を過ごして、日々の仕事を、充実したものにしましょう!

ここで紹介した過ごし方が、あなたの生活を生き生きとしたものになることを、願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。